マンションのリフォームではどこに配慮すればよい?

マンションリフォームで事前に知っておきたいこと

マンションのリフォームにかかる費用

マンションのリフォーム依頼で、特に多いのが水まわりのリフォーム。 水まわりの中でも、キッチンリフォームが特に多いようです。 ここでは、キッチンリフォームをする前に気を付けるべきポイントを記載していこうと思います。 どんな種類のキッチンにするのか。 費用や注意点などを配慮すべき点をまとめてあります。

キッチンリフォームで配慮すべき点

最近、マンションをリフォームする人が増えてきています。
マンションのイノベーションという言葉が広く一般的に使われるようになったことからも、わかると思います。
今回ここでは、マンションのリフォームをこれからしようと考えている方が、どの点に気を付けるべきかを伝えていきたいと思います。

まず、マンションのリフォームをする上で、一番気になることと言えば費用面ではないでしょうか。
マンションのリフォームでかかった費用の平均は約700万円だと言われています。
ただ、これはあくまで平均であって、100万円以下でリフォームされた方と、1000万円以上かけてリフォームされた方がほぼ同じパーセンテージでいらっしゃるので、あまり参考にはならないかもしれません。
なぜここまで違うのかは、まずマンションの築年数によってかかった費用が違うようで、築年数が10年以下であれば100万円以下で、20年から30年以上であれば300万円以上かかるのが相場のようです。
築年が古ければ、修繕する箇所も多く、リフォームにかかる費用が高くなるのも当たり前かもしれません。
また、マンションリフォームといっても、全体をリフォームするフルリフォームなのか、一部をリフォームする部分リフォームなのかで費用は全く変わってきます。
フルリフォームも場合、3LDKだと800万円が相場だと言われています。
部分リフォームだと、例えばシステムキッチン交換だと60万から320万。
60平米の床をフローリングにする工事だと、50万から70万と言われています。
どちらにしろ、一概にリフォームと言ってもかかってくる費用の幅はとても広く、ご自身の予算とどの程度のリフォームが必要なのかをしっかりと検討した上で、リフォームをするかを考える必要があると言えます。

間取りリフォームで気を付けること

マンションを中古で購入し、間取りを変えてイノベーションしようと考えている方もいらっしゃると思います。 いわゆるフルリフォームです。 間取り変更を考えている場合には、事前にマンションの構造がどうなっているかに配慮をしておかないと、いざリフォームとなっても思い通りにならない可能性があります。

バリアフリー化で気を付けること

マンションリフォームで最近増えてきているがバリアフリー化です。 今まで住んできたマンションを今後の生活を考えてバリアフリー化しようと考えている方が増えているでしょう。 ただ、このバリアフリーもしっかりと考えて設置をしていかないと、思わぬ落とし穴があります。


PAGE
TOP